注目製品
アプリケーション例
取り扱い上の注意  

取り扱い上の注意

品質・安全について

  1. 珪素化合物は、ほとんどの製品が消防法の危険物第四類に該当します。使用時および保管時の火気の取り扱いには十分ご注意ください。なお、取り扱いに先立ち必ずSDSをお読みください。危険物データベース登録確認証、SDSは当社営業窓口にご請求ください。
  2. クロロシラン類(SiCl)について
    クロロシラン類(Dimethyl dichlorosilaneなど)は湿気に触れるだけでHClガスを発生する反応性に富んだ化合物ですこのため、クロロシランが皮膚に付着したり目に入らないように、使用時には保護具(ゴム手袋やゴーグル)を着用するなど安全対策には万全を期してください。また、ボンベやアンプルで供給される沸点の低いクロロシラン(Trichlorosilaneなど)については、特に開封時に注意が必要です。万一事故があった場合は局部を多量の水で洗ってから、すぐに医師の手当てを受けてください。
  3. Si-Hを含むシランやシロキサン類について
    Si-Hを含むシランやシロキサン類(Tetramethyl disiloxaneなど)は、アルカリとの接触または、白金触媒存在下でアルコール、アミン等の活性水素を有する化合物と反応して水素ガスを発生します。反応容器および保管容器の耐圧や火気の取り扱いには十分ご注意ください。また、Si-H基を持つシランやシロキサン類はこの反応を利用して完全にSi-H基を消滅させてから、廃棄してください。
  4. アルコキシシランについて
    アルコキシシランの取り扱いに際しては、皮膚に付着したり目に入らないようにゴム手袋、ゴーグルなどの保護具を着用してください。万一皮膚、粘膜に付着した場合は水で十分洗い流し、異常がある場合は医師の診断を受けてください。また蒸気を吸入しないよう換気にも十分ご配慮ください。特にテトラメトキシシラン(LS-540*)は目に対する毒性がありますので、クロロシラン類と同様に取扱いに注意してください。
    * LS-540は医薬用外毒物です。
  5. 三重結合(SiC≡CH)を持つシランやシロキサン類について
    三重結合を持つシランやシロキサン類(Ethynyl dimethylchlorosilaneなど)は、ルイス酸触媒の存在下で加熱しますと急激な分解反応を起こすことがありますのでご注意ください。
  6. クロロシランの大規模な取り扱い、漏洩、火災などの事故対応、廃棄処理法などについては下記文献に詳しく解説されています。
    ASTM Manual Serieds:MNL33
    “Manual on Chlorosilane Emergency Response Guidelines” (John T. Higgins, wilmuth E. Hubbs, Robert A. Kayser, Paul Kremer, Stephen W. MacMahan, Lee Patric and Michael Strong, editors 1998)
  7. 当ホームページに収載した化合物はすべて試験研究用に提供する試薬です。必ずしも取り扱い上の安全性は確認されておりませんので、慎重にお取り扱い願います。なお、医薬品など直接人体に影響をおよぼす薬剤としてのご使用や、医療用インプラント製品へのご使用は絶対に避けてください。

その他

  1. 本ホームページ記載されていない特殊な珪素化合物試薬については当社までお問い合せください。
  2. 工業用グレード工業製品は、本ホームページの機能性シランシランカップリング剤シリル化剤のページをご覧ください。
  3. 珪素化合物試薬の安定性および毒性に関する基礎的情報については当社までお問い合わせください。
  4. 封印のないものについては、品質、容量に対する責任を負いかねます。
  5. 応用についてはお問い合せください。
  6. 当ホームページの記載内容は、断りなく変更することがございます。

信越珪素化合物試薬について

  1. 概要

    信越珪素化合物試薬は、約600品目から成り、クロロシラン、アルコキシシラン、シラザン、シロキサンなどで構成される一群の珪素化合物です。
    珪素化合物の持つ数々のユニークな特性を利用して、セラミックス原料、撥水撥油剤など無機物の表面改質、複合材料の機械的強度の改良、樹脂の改質剤、医薬・農薬の官能基の保護(シリル化剤)など、幅広い工業分野での応用が期待できます。
    信越珪素化合物試薬は、そうした応用展開を目指して開発するための、試験研究用の試薬です。この信越珪素化合物試薬のページは、約600品目もの多く製品があるため、使用の目的にかなう珪素化合物を効率的に検索いただける方法をとっています。

  2. 製品の特性項目について

    • 化合物名: 純粋応用化学国際連合(IUPAC)に基づく名称および慣用名を用いました。
    • 示性式: 化合物が含む元素数。Si、C、H数および、この3元素以外を含む化合物については、アルファベット順に元素を配列しています。
    • 沸点: 常圧下(760mmHg)での数値。特定圧力下の場合は、その圧力を( )の中に表示します。
    • 融点: ブランクは未測定の化合物です。
    • 比重:( )内の温度における比重。
    • 屈折率:( )内の温度における屈折率。
    • 価格: 各荷姿1本当りの価格。原料事情などにより変動することがありますのでご了承ください。
  3. 純度について
    化合物の純度は各試薬によって異なります。可能な限り高純度のものをご提供いたしますが、反応性の高いクロロシランなどは、開封時に外気(湿気等)の影響を受けて、純度が変化することがあります。
    各試薬の純度についてはお問い合せください。

シラン詳細トップ

ページの先頭へ