信越化学は1953年、日本で初めてシリコーンを事業化し、
すでに半世紀が経過しました。
ここでは、「信越シリコーン」の歴史を写真でご紹介します。

発売当初の頃のローソク瓶

発売当初の頃のローソク瓶

信越シリコーンレビュー

「信越シリコーンレビュー」の創刊号
(1958年5月発行)

磯部工場

磯部工場 シリコーン技術センターが完成
1960年7月

信越シリコーンの製品群

信越シリコーンの製品群

シリコーン電子材料技術研究所

シリコーン電子材料技術研究所
新研究棟が完成
1991年4月

シリコーンズ オブ アメリカ フリーポート工場

米国のシンエツ シリコーンズ オブ アメリカ
フリーポート工場が生産を開始
2003年2月

シンエツ シリコーンズ タイランド

シンエツ シリコーンズ タイランドが
生産を開始
2004年4月

シリコーン電子材料技術研究所新研究棟

シリコーン電子材料技術研究所
新研究棟が完成
2016年2月

サンドイッチマン

1954年12月から「POLON-T」の試験直売を開始
当時、宣伝に活躍したサンドイッチマン
(写真は群馬県・高崎市内で)

信越シリコーンの製品群

信越シリコーンの製品群

1968年当時の磯部工場

1968年当時の磯部工場

シリコーンニューズ

シリコーンのPR誌
「シリコーンニューズ」の創刊号
(1977年4月発行)

オーストラリアの金属ケイ素メーカー「シムコア社」を買収

オーストラリアの金属ケイ素メーカー
「シムコア社」を買収
原料からの一貫生産体制を確立
1996年2月

中国の浙江信越精細化工が生産を開始

中国の浙江信越精細化工が生産を開始
2003年5月

信越有机硅(南通)が生産を開始

信越有机硅(南通)が生産を開始
2013年1月

「シンエツ・モールディング・テクニカルラボラトリー」が完成

「シンエツ・モールディング・テクニカル
ラボラトリー」が完成
2017年9月