注目製品
アプリケーション例

注目製品

放射線遮蔽用RTVシリコーンゴム

ラディバリヤー®シリーズ

ラディバリヤーシリーズは、放射線遮蔽用に開発したRTVシリコーンゴムです。

特長

用途

製品の種類と一般特性

項 目 ラディバリヤー101 ラディバリヤー102 ラディバリヤー201-A/B

特徴・用途

一液型室温硬化タイプ
低粘度タイプ
目地、クラックへの流し込みなど
一液型室温硬化タイプ
高粘度タイプ
各種シーリング 垂直面でも使用可
二液型加熱硬化タイプ
成形品作成用など

硬化条件

室温 室温 加熱(120℃×30min)

性状(粘度)

Pa・s
流動性液体(50) ペースト状 A:108 / B:126

外観(色調)

濃灰色 濃灰色 乳白色

硬化後ゴム硬さ
デュロメータA

52 68 58

指触乾燥時間

min
25 5 -
(規格値ではありません)

放射線遮蔽(バリヤー)性能

ラディバリヤーのγ線減衰性能
ラディバリヤーのγ線減衰性能

  • 放射線量(初期):5.27μSv/h
  • 放射線源:福島県内の除染作業で発生した高濃度汚染土壌
  • 放射線測定機器:NaIシンチレーション式サーベイメーター
    (TCS-172B)
  • バックグラウンドの放射線の影響を低減した状態
    (コリメート実施)で計測
  • 室内での実験

ラディバリヤーの厚みと遮蔽性能

厚 み 遮蔽性能
10mm 30%
20mm 50%
30mm 66%
40mm 76%

本製品は厚みに応じて、異なる線量に対してもほぼ同じ割合の遮蔽性(バリヤー性)を示します。
放射線(μSv/h)の長期間での累積被ばく線量を考えた場合、遮蔽の有無は大きな差になると考えられます。
放射線遮蔽性能のデータは実験結果としてご参考いただけますが、あらゆる環境下において実験データ通りの放射線低減効果を示すとは限りません。同製品の現場施工前後でのγ線量の計測については、下記の除染会社にお問い合わせください。

株式会社EARTHSHIELD
〒963-8041 福島県郡山市富田町字権現林11番地
TEL 024-983-6310

ラディバリヤーシリーズには、シート状に成形した遮蔽シリコーンゴムシート「ラディバリヤーシート」や遮蔽保管容器などの応用製品も開発されています。
ページの先頭へ