信越シリコーン セレクションガイド

塗膜へのハンマートーン模様の形成

ハンマートーンとは、塗膜表面に現れる美しい亀甲模様のことです。
これは、シロキサン鎖長の長いシリコーン系塗料添加剤を添加し、塗膜に滞留減少によるセルを発生させ、表面に意図的にハジキを起こすことで形成することが可能です。
特にアルミ微粉末/アルミペーストを顔料として使用した銀色塗料に添加すると大きな効果を得ることが可能です。
このようにシリコーン系の塗膜表面改質剤は、塗膜表面の実用的な特性だけでなく、意匠性を付与することが可能です。

鎖長の長いシリコーンのハジキ性を利用し、塗料に添加することで意図的にハンマートーン模様を形成することができます。

関連製品

KP-310