シリコーンとは?
数字でひもとく「信越シリコーン」

数字でひもとく「信越シリコーン」

数字でひもとく「信越シリコーン」

「信越シリコーン」ってどんなブランド?
どんなことをやっているの?

ここでは、信越化学のシリコーン事業のブランド
「信越シリコーン」に関する数字を集め、
さまざまな角度から、ご紹介します。

事業化 64年

信越化学は1953年、日本で初めてシリコーンを事業化。
以来、「信越シリコーン」のブランドで事業を展開し、
常に時代のニーズに応えてきました。
これからも多様化する時代のさまざまなニーズに応え、
さらなる発展を目指していきます。

製品数 5000品種

信越化学では、シリコーンの優れた特性を活かして、
5000品種を超えるさまざまな製品を開発。
電気・電子、自動車、建築、化粧品、ヘルスケア、
化学など、さまざまな産業分野のニーズに
お応えしています。

生産・販売拠点 11カ国

信越化学では、アジアや欧米など、世界11カ国にシリコーンの生産・販売拠点を設置。
マーケットに直結した供給体制を整えています。
これからも「信越シリコーン」のブランドを世界に広げていきます。

国内マーケットシェア 1位

信越化学では、お客様のさまざまなニーズに
キメ細かく応えることにより、
国内マーケットシェア1位、世界でも有数のシリコーンメーカーに成長しています。
これからも、世界のトップブランドを目指して
挑戦を続けていきます。

独自のモノづくり体制 三位一体

信越化学では、研究、製造、営業が「三位一体」となり、
独自のモノづくりを進めています。
今後も当社では、この取り組みをさらに強化するとともに、
これまで培ってきた技術力、品質、きめ細かなサービス
などの強みを活かして、シリコーン事業の拡大に
積極的に取り組んでいきます。

新研究棟完成 2月

信越化学では、シリコーン電子材料技術研究所の新研究棟の
建設を進めていましたが、2016年2月に完成しました。
新研究棟の建設により、需要の拡大が期待される
ヘルスケア、電気・電子、エネルギー、半導体などの
有望分野向けの製品の開発力を一層高め、
新たな用途の開拓による事業拡大を目指していきます。

可能性 ∞

シリコーンは、その分子構造から、実にさまざまな特長を
兼ね備えているだけでなく、製品設計の自由度が高いなど、
無限の可能性を持っています。
信越化学は、これからもシリコーンの無限の可能性を引き出し、
それをカタチにすることでお客様のさまざまなニーズに
お応えしていきます。

ページの先頭へ