シリコーンとは?
数字でひもとく「信越シリコーン」

トップメッセージ

Message from the Senior Managing Director
お客様とともに、さらなる成長を目指していきます。

信越化学は1953年、日本で初めてシリコーンを事業化しました。以来、60年以上にわたり、シリコーンの優れた特性を活かして5,000品種を超える製品を開発し、電気・電子、自動車、建築、化粧品、ヘルスケア、化学など、さまざまな産業分野のニーズにお応えしてきました。また、アジアや欧米など、世界11か国に生産・販売拠点を設置して、マーケットに直結した供給体制を整えています。その結果、国内トップ、世界でも有数のシリコーンメーカーに成長しています。

当社では、日本とタイの拠点を中心に設備投資を積極的に進め、小ロット製品や量産製品の生産設備の増強、研究開発やテクニカルサービスの強化などに取り組んでいます。これらの対応により、世界のお客様のさまざまな要求に、より早く、よりきめ細かくお応えしてまいります。お客様には、「Shin-Etsu Silicone」のブランドで、日本ならではのものづくりとサービスを展開する当社にご注目いただければ幸いです。

シリコーンは、その分子構造から、実にさまざまな特長を兼ね備えているだけでなく、製品設計の自由度が高いなど、無限の可能性を持っています。当社は、これからもシリコーンの持つ可能性を引き出し、それをカタチにすることでお客様のさまざまなニーズにお応えしてまいります。そして、お客様とともにさらなる成長を目指してまいりますので、引き続きこれまでと変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

信越化学工業株式会社
専務取締役 シリコーン事業本部長
上野 進

ページの先頭へ