Q&A

土木・建築用防水シリコーン粘着シートについて

イヌバシール・シンエツパッチシール・アグリパッチシールの特長は何ですか?
貼るだけで防水・防食ができるシリコーンシートです。プライマー不要のため作業性に優れています。
またシートの全てがシリコーンで構成されているため、耐熱・耐寒・耐候性・耐炎性・環境安全性にも優れています。
イヌバシール・シンエツパッチシール・アグリパッチシールの違いは何ですか?
使用用途により製品名が異なりますが、3製品とも同一製品です。主に次の用途に使われます。
  • イヌバシールは、プラントの屋外タンクの犬走り部分の雨水浸入防止
  • シンエツパッチシールは、道路や鉄道の橋梁等の目地防水・防食
  • アグリパッチシールは、農業用小型開水路の目地防水
また、これらの製品と同物性で透明のパッチシールトウメイもあります。この製品は、被着面の亀裂や腐食の確認が可能です。
耐久性・信頼性はどれくらいありますか?
シリコーンは、他のゴム材質や樹脂と比べ、耐熱・耐寒・紫外線・水分に対し耐久性に優れる材質です。
イヌバシール・シンエツパッチシール・アグリパッチシールは、1968年竣工の霞が関ビル(東京)で50年以上の耐久性を維持し続けるシリコーンシーリング材の技術が活かされています。
使用温度範囲は何度くらいですか?
-40℃~180℃の範囲内で使用できますので、シートが高温で溶けることや、低温で凍結することはありません。
日本国内観測史上最低気温の-41℃でも性能を維持することが可能です。
粘着できない材質はありますか?
ほとんどありません。被着体に微細な凹凸があれば、シリコーン粘着層が入り込んで粘着します。
サンプル片で粘着性のご確認をお勧めします。
シート同士の重ね合わせ部・シートの端部のシールは必要ですか?
シリコーンのパテ状接着剤であるイヌバテープ・シンエツパッチテープを使用してシールしてください。
必要に応じて当社の建築用シリコーンシーリング材 シーラントマスター300 を使用することも可能です。
パッチシールクロスはどういう所に使うのですか?
本品は基材層がガラスクロスで補強された光透過性のある製品です。
ボックスカルバート頂板目地やトンネル内壁等の強度が必要とされるところに適しています。
防食・防錆効果はありますか?
防水性と撥水性を兼ね備えているため、非常に強い防食・防錆効果を発揮します。
また、パッチシールトウメイは透明ですので、敷設後の内部の防食・防錆効果の〔見える化〕も可能です。
製品の種類とサイズはどうなっていますか?
イヌバシール・シンエツパッチシール・パッチシールトウメイは
〔300mm×1,000mm〕〔400mm×1,000mm〕〔50mm×3,000mm〕〔100mm×3,000mm〕の4種類があります。
アグリパッチシールは〔50mm×3,000mm〕〔100mm×3,000mm〕の2種類です。
パッチシールクロスは〔400mm×1,000mm〕の1種類のみですが、コンパクトな小箱に小サイズ品を詰め合わせた パッチシールクロスリペアキットも提供できます。
設計価格はどうなっていますか?

シンエツパッチシールとアグリパッチシールの設計価格表は下記よりダウンロードいただけます。

シンエツ パッチシール関係 設計価格一覧
アグリパッチシール関係 設計価格一覧

なお、設計価格は断りなく変更する可能性があります。
また、シンエツパッチシールは一般財団法人建設物価調査会発行の〔建設物価〕の〔防水材→防水シリコーン粘着シート(P.440)〕の項に記載されています。
電気・電子用途に使えますか?
低分子シロキサン対策品ではないため、電気・電子用途には使用しないでください。

Q&A一覧へ

ページの先頭へ