Q&A

農業用小型開水路ジョイント部止水用シリコーン粘着シート アグリパッチシールについて

アグリパッチシールの特長は何ですか?
農業用小型開水路(U字溝)のジョイント目地からの漏水を防止するための材料です。
耐熱・耐寒・耐候性・耐炎性・環境安全性にも優れています。
農家の方が個人でも施工できるように設計されています。
どのくらいのサイズの開水路まで使用可能ですか?
縦横3辺合計の長さ3m以内の開水路(U字溝)で使用できます。それ以上の大きさの開水路への使用はできません。
耐久性・信頼性はどのくらいありますか?
シリコーンは、他のゴム材質や樹脂と比べ、耐熱・耐寒・紫外線・水分に対し最も耐久性に優れる材質です。
アグリパッチシールは、1968年竣工の霞が関ビルディング(東京)で50年以上の耐久性を維持し続けるシリコーンシーリング材の技術が活かされています。
使用温度範囲は?
-40℃~180℃の範囲内で使用できますので、高温で溶けることや、低温で凍結することはありません。
また、氷点下での施工も可能です。
アグリパッチプライマーの役割は?
古くなった開水路(U字溝)の、コンクリート裏面からの浸水を防ぐために必要です。
下記シーラントマスター300の接着力をアップする働きもあります。
シーラントマスター300の役割は?
開水路(U字溝)凸凹やジョイント目地の段差を調整(不陸調整)する目的として使用します。また、アグリパッチシールに当たる水圧を緩和するために、シート端面がスロープとなるようにシール施工を行います。
シート同士の重ね合わせ部・シートの端部のシールは必要ですか?
シリコーンシーラントで必ず端部を接着固定してください。シーラントマスター300を推奨します。
ジョイント目地の幅が大きく深い場合の対処方法は?
目地詰め用スポンジ系バックアップ材料などで、凹を浅くするように詰め物を行います。
凹の不陸を調整するシリコーンシーリング材料の目地深さは5mm以上を確保できるようにしてください。
製品の種類とサイズはどうなっていますか?
アグリパッチシールは〔50mm×3,000mm〕〔100mm×3,000mm〕の2種類です。
設計価格はどうなっていますか?

アグリパッチシールの設計価格表は下記よりダウンロードいただけます。

アグリパッチシール関係 設計価格一覧

なお、設計価格は変更の可能性もありますので当ホームページでの最新版をご確認ください。
施工に関して注意することは?
  • 変成シリコーンシーリング材は、耐久性がなくアグリパッチシールに接着しないため、絶対に使用しないでください。
  • 施工個所は、事前に必ず乾燥させてください。バーナー使用も効果的です。
施工後に誤って破損させた場合は?
アグリパッチシールが切れた場合は、シーラントマスター300で補修してください。また欠損が大きい場合は、シーラントマスター300を用いてアグリパッチシールを重ね貼りすることも可能です。

Q&A一覧へ

ページの先頭へ