信越シリコーン セレクションガイド

撥水性

撥水性

主にメチル基などの働きにより、高い水接触角を実現します。

  • 絞り込み検索

  • 製品分類

  • 求める性能

X-40-9309A

X-40-9309A

  • 紫外線吸収剤を含有し、基材の紫外線劣化を防止
  • 室温硬化
  • 一液タイプ(硬化触媒含有タイプ)
  • 高硬度の被膜を形成

X-88-1007

X-88-1007

  • 開発品
  • SUSやアクリルなどの難接着基材にも密着性良好
  • 耐クラック性、はっ水性良好

KR-4000A

KR-4000A

  • シリコーン系コーティング剤に添加可能
  • はっ水性、滑水性を付与
  • 拭き上げ施工しても防汚性能を維持

X-48-1801

X-48-1801

  • イソシアネート系硬化剤との併用が可能
  • コールドブレンド*するだけで使用可能
  • 推奨添加量は硬化剤に対して3%~20%(NCO当量換算)
  • 耐候性や耐マジック汚染性が向上
  • 対象ポリオールは主にアクリル/ポリエステル/アルキッドポリオール

*コールドブレンド:加熱せずに単純に混ぜて配合する手法

SZ-31

SZ-31

  • 構造内にメチル基を6つ持ったシラザン

KPN-3504

KPN-3504

  • 加水分解性基を含有したシロキサン型

KP-310

KP-310

  • 分子量の大きなジメチルシリコーン型
  • 主に消泡性やスリップ性付与などの目的に使用
  • 塗膜表面にハンマートーンを形成可能

KR-4000G

シリコーンオリゴマー・タイプA

KR-4000G

  • 一液タイプ
  • ツヤに優れる
  • はっ水性、滑水性が良好
  • 拭き上げ施工しても防汚性能を発揮する

KR-4000F2

シリコーンオリゴマー・タイプA

KR-4000F2

  • 開発品
  • 一液タイプ
  • はつ油性が良好
  • はっ水性、滑水性が良好
  • 拭き上げ施工しても防汚性能を発揮する
  • フッ素系溶剤以外にも希釈可能

KP-327

KP-327

  • フェニル変性
  • 主にレベリング性の向上などの目的に使用
  • 特に芳香族溶剤系への適性に優れる

KP-410

KP-410

  • 構造の両末端にメタクリル基
  • 主にレベリング性向上やブロッキング防止などの目的に使用

KP-411

KP-411

  • 構造の両末端にメタクリル基
  • 主にレベリング性向上やブロッキング防止などの目的に使用

KP-412

KP-412

  • 構造の両末端にメタクリル基
  • 主にレベリング性向上やブロッキング防止などの目的に使用

KP-413

KP-413

  • 構造の両末端にメタクリル基
  • 主に消泡やブロッキング防止などの目的に使用

KP-414

KP-414

  • 構造の両末端にメタクリル基
  • 主に消泡やブロッキング防止などの目的に使用

KP-415

KP-415

  • 構造の両末端にメタクリル基
  • 主に消泡やブロッキング防止などの目的に使用

KP-416

KP-416

  • 構造の片末端にメタクリル基
  • 主にレベリング性向上や消泡の目的で使用

KP-418

KP-418

  • 構造の片末端にメタクリル基
  • 主に消泡やブロッキング防止などの目的に使用

KP-420

KP-420

  • 構造の側鎖にアクリル基
  • 主にレベリング性の向上や消泡の目的で使用

KP-422

KP-422

  • 構造の片末端にメタクリル基
  • 主にレベリング性の向上や消泡の目的で使用

KP-423

KP-423

  • 構造の両末端にアクリル基
  • 主にレベリング性の向上やブロッキング防止などの目的に使用
  • KP-423は、相溶性向上基を導入しており、シリコーン主鎖が長いにもかかわらず、樹脂との相溶性に優れる

KP-611

KP-611

  • アクリル樹脂変性
  • 主に対ハジキ性付与などの目的に使用

KP-624

KP-624

  • アルキル/アラルキル変性
  • 主に滑り性抑制目的に使用
  • 特にアルキッド樹脂への適性に優れる

KP-625

KP-625

  • フッ素変性
  • 主に抑泡性付与などの目的に使用
  • 特にセルロース樹脂系や芳香族系溶剤系への適性に優れる

KP-652

KP-652

  • シリコーンコンパウンドタイプ
  • 主に消泡の目的で使用

KR-112

KR-112

  • 湿気と反応し室温硬化可能
  • はっ水性、滑水性に優れる
  • 電気絶縁性、耐水性コーティング用途に実績あり

KC-89S

KC-89S

  • 低分子
  • T単位のみで構成
  • 高硬度の被膜を形成
  • コーティング剤のバインダーとして実績が多い

KR-515

KR-515

  • KC-89Sより高分子化
  • T単位のみで構成
  • コーティング剤のバインダー、有機樹脂の改質剤として実績あり

KR-500

KR-500

  • KR-515より高分子化
  • T単位のみで構成
  • メチル系ではスタンダード製品
  • コーティング剤のバインダー、有機樹脂の改質剤として実績あり

X-40-9225

X-40-9225

  • KR-500より高分子化
  • T単位のみで構成
  • コーティング剤のバインダー、有機樹脂の改質剤として実績あり

X-40-9246

X-40-9246

  • D単位を導入し可とう性付与
  • コーティング剤のバインダー、有機樹脂の改質剤として実績あり

X-40-9250

X-40-9250

  • D単位を導入し可とう性付与
  • コーティング剤のバインダー、有機樹脂の改質剤として実績あり
  • はっ水性、滑水性が良好
  • 張り紙および落書き防止性に優れる

KR-400N

KR-400N

  • 高硬度な被膜を形成
  • KR-400から硬化触媒を除いた製品

KR-400

KR-400

  • 一液タイプ(硬化触媒含有タイプ)のスタンダード製品
  • 高硬度な被膜を形成

X-40-2327

X-40-2327

  • 速硬化
  • リコート可能

X-88-2003A

X-88-2003A

  • 高硬度と耐クラック性を両立。特に、高温環境下での耐クラック性に優れる
  • 防汚性(撥水性、滑水性、耐マジック防汚性)が良好
  • 速硬化
  • 一液タイプ

KBM-13

KBM-13

KBM-13

  • メチル基1つ、メトキシ基3つ含有

KBM-22

KBM-22

  • メチル基2つ、メトキシ基2つ含有

KBM-103

KBM-103

  • フェニル基1つ、メトキシ3つ含有

KBM-202SS

KBM-202SS

  • フェニル基2つ、メトキシ基2つ含有

KBM-3033

KBM-3033

  • プロピル基1つ、メトキシ基3つ含有

KBM-3063

KBM-3063

KBM-3063

  • ヘキシル基1つ、メトキシ基3つ含有

KBM-3103C

KBM-3103C

  • デシル基1つ、メトキシ基3つ含有

KBM-3066

KBM-3066

KBM-3066

  • 両末端ビストリメトキシ型

KBM-7103

KBM-7103

  • トリフルオロプロピル基1つ、メトキシ基3つ含有

KBE-13

KBE-13

  • メチル基1つ、エトキシ基3つ含有

KBE-22

KBE-22

KBE-22

  • メチル基2つ、エトキシ基2つ含有

KBE-103

KBE-103

  • フェニル基1つ、エトキシ3つ含有

KBE-3033

KBE-3033

  • プロピル基1つ、エトキシ基3つ含有

KBE-3063

KBE-3063

  • ヘキシル基1つ、エトキシ基3つ含有

KBE-3083

KBE-3083

  • オクチル基1つ、エトキシ基3つ含有