注目製品
アプリケーション例

注目製品

シランカップリング剤

KBM-5103

KBM-5103は、アクリル基を有機官能基として含有するシランカップリング剤です。

特長

化学構造

化学構造

ラジカル反応性

ビニル、アクリル、メタクリルの反応性を比較する目的で、種々の官能基を有するシリコーンに電子線(EB)を照射した際の硬化性を比較しました。
メタクリル基やビニル基よりも少ない電子線量で硬化することから、アクリル基はラジカル反応性が高いといえます。

R(官能基) 最小硬化線量 (kGy)
ビニル › 100
メタクリル 50
アクリル 20

補強効果

KBM-5103を処理したガラスクロスを用いて不飽和ポリエステル積層板を作成し、曲げ強度の比較を行いました。
KBM-5103は、KBM-503と比較して10%以上の強度向上が見られます(積層板のガラス含有率は63~65%)。

処理シラン 官能基 曲げ強度 (N/mm2) 曲げ強度比 (%)
未処理 - 330 100
KBM-503 メタクリル 445 135
KBM-5103 アクリル 490 149

一般特性

項目 KBM-5103

分子量

234.3

比重 25℃

1.06

屈折率 25℃

1.427

沸点

102/0.53kPa

引火点

115

最小被覆面積

m2/g
333

既存化学物質No.

2-3727

CAS No.

4369-14-6
(規格値ではありません)
ラジカル反応性が高く、UV、EB硬化系で優れた効果を発揮します。
ページの先頭へ